ブログ

【大人の歯科矯正】歯周病だと歯科矯正はできない?

歯科矯正は、歯の周囲に軽い炎症を発生させることで歯を動かします。歯周病では、この歯周組織がすでに炎症を起こしている場合があるため、歯科矯正を受けると思わぬトラブルをきたす可能性があります。

歯周病は、年齢を重ねるにつれて感染のリスクが上がっていくので、特に気をつけていただきたいのが大人の歯科矯正を検討中の方です。そこで今回は、矯正治療と歯周病の関係についてご紹介します。

歯周病の人が歯科矯正を受けるときのリスクとは

すでに炎症のある歯周組織に歯科矯正でさらなる炎症を起こすと、歯周病の進行を招くおそれがあります。その結果として考えられるリスクは次の2つです。
【大人の歯科矯正】歯周病だと歯科矯正はできない?

歯ぐきが下がる「歯肉退縮」

「歯肉退縮(しにくたいしゅく)」とは、歯ぐきが下がってしまうこと。歯が長くなったように見えたり、歯と歯のすき間が目立ったりするので、審美上の問題となります。

歯周病が進行すると歯ぐきを支える骨が減少します。それにあわせて歯ぐきのボリュームも減ってしまうために、歯肉退縮が起こるのです。

最悪の場合は「歯が抜ける」

歯と歯ぐきを支える骨が減少すると、最悪の場合には歯が抜けてしまう可能性(※)すらあります。

※診療経験の豊富な矯正歯科医であれば、そのようなリスクが想定される方に対して歯科矯正をおすすめすることはありませんのでご安心ください。

これらのリスクを最小限にするために大切なのは、歯周病をきちんとコントロールしてから歯科矯正を始めることです。

「歯周病だから歯科矯正ができない」とあきらめずに相談を

【大人の歯科矯正】歯周病だと歯科矯正はできない?歯周病の人の歯科矯正にはリスクがありますが、だからと言って、必ずしも矯正治療が受けられないわけではありません。

軽度の歯周病なら、歯科矯正は受けられる

歯周病の症状が軽ければ歯科矯正は可能です。歯周病の進行度合いを診断するには、歯科医師がレントゲンを撮り、歯を支える骨の状態を確認する必要があります。

歯周病が恐ろしいと言われる理由の1つは、自覚症状が乏しいこと。「見た目」だけでは、どの程度まで病状が進んでいるのかが判断できないのです。自己判断せず、歯科矯正の専門医に相談して適切な検査と診断を受けましょう。

進行した歯周病も、治療すれば歯科矯正が受けられる

検査の結果、歯周病が進行していると診断されたら、歯周病の治療を先に行うことで歯科矯正が受けられるようになります。

また、歯周病がひどい方の場合、歯周病治療の一貫として歯科矯正を行うこともあります。歯並びが悪いと歯垢がたまりやすくなり、そこに細菌が繁殖することで歯周病が悪化してしまいます。歯科矯正で歯を正しい位置に導けばプラークコントロールが簡単になるので、重い歯周病に悩む方こそ矯正歯科にご相談ください。

歯科矯正で美しく健康的な歯並びを手に入れよう

【大人の歯科矯正】歯周病だと歯科矯正はできない?
歯科矯正で手に入れた整った歯並びは、見た目が美しいだけではなく、歯周病の予防にも大きな効果を発揮します。歯並びにお悩みの大人の方には、ぜひ早い段階での歯科矯正をおすすめします。

また、歯科矯正中は歯に装置をつけるため、歯磨きしにくい箇所ができるもの。歯周病の原因菌を繁殖させないため、治療中には、歯磨きやデンタルフロスなどプラークコントロールを念入りに行いましょう。

葛西・西葛西エリアでの大人の歯科矯正・審美歯科なら、葛西モア矯正歯科へ

葛西モア
江戸川区にある葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。「裏側矯正」や「インビザライン」などの目立たない歯列矯正や、白い装置と白いワイヤーを標準使用する「表側矯正」で、治療中もナチュラルな笑顔でいられます。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科
当医院は、東京メトロ東西線の葛西駅から徒歩0分と大変便利な立地です。葛西駅へは、西葛西駅・浦安駅からわずか2分。南行徳駅も12分以内に到着するので、市川市内からの通院にとても便利です。西船橋からも乗り換えなしで15分と通いやすいため、千葉方面からも多くの方にご利用いただいております。

葛西・西葛西周辺で“大人の歯科矯正”と“審美歯科治療”をお探しなら江戸川区にある「葛西モア矯正歯科」へぜひお越しください。


住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科