ブログ

小児矯正のベストな開始時期はいつから?

我が子の歯並びが気になるお母さんにとって、どのタイミングで子どもを矯正歯科に連れて行くべきかは悩ましい問題です。

そこで今回は、小児矯正はいつから始めるべきかを解説していきます。

小児矯正の開始時期は個人差が大きい

小児矯正のベストな開始時期はいつ?
小児矯正を開始するベストな時期は、あごの成長度合いや歯並びの状態によって歯科医師が判断します。

歯並びが悪いと言っても、「歯が重なって生えている」「出っ歯」など、その症状はさまざまです。状況によって治療方法が異なるため、「必ずこの時期から治療を始めなければならない」と言えるものではありません。

大まかな目安を設定するなら、永久歯の前歯4本と第一大臼歯(一番大きい奥歯)が生えそろったタイミングです。年齢的には7〜8歳頃に相当します。

小児矯正で早期治療を開始するメリット

小児矯正のベストな開始時期はいつ?
小児矯正で早期治療をするメリットは、乳歯の生え変わりを利用して永久歯の位置を整え、骨格の成長に応じたアプローチができることです。子どもの成長する力を活かして治療するので、無理なくスピーディーに治療が進められます。

また、歯科医師のカウンセリングを受けることで、「口呼吸」「頬杖」「うつぶせ寝」など、歯並びを悪化させる原因がわかります。きちんと原因を解明し、生活習慣を改善することで、成長に伴って噛み合わせのバランスが崩れてしまうことを防ぐことが可能です。

さらに、定期的に矯正歯科を受診することによって、虫歯を早期に発見したり、ブラッシング指導によって正しい歯磨きの仕方を身につけることができます。

早すぎる小児矯正は問題がある場合も

小児矯正のベストな開始時期はいつ?
幼い時期から治療を開始することで得られるメリットは多くありますが、やみくもに治療を急いではいけません。小児矯正の最終的な目標は、永久歯の位置を整えることです。

場合によってはあごの成長を待つケースもあります。成長に伴い自然と改善が見込める場合は、様子を見るという対応も必要になります。

また、本人が治療の目的や意味を理解できない年齢で開始するのも考えものです。治療を嫌がり、精神的なストレスがかかると新たな問題が起こりかねません。

小児矯正のベストな治療時期

小児矯正のベストな開始時期はいつ?
小児矯正では、一人ひとりの症状に合ったベストな開始時期を見極めることが重要です。早い段階で歯科医師に相談し、定期的に受診できる矯正歯科を見つけましょう。

歯科医師免許を持っていれば誰でも「矯正歯科」の看板を掲げることができます。しかし、矯正分野の専門的な知見が無いと、適切な矯正治療の開始時期を見定めることは困難です。小児矯正を始めるなら、豊富な経験のある歯科医師に一度相談することをおすすめします。

関連記事

【小児矯正】歯科矯正が必要になる子どもの悪い習慣3つとその直し方
【小児矯正】子どもの歯科矯正で知っておきたい3つのこと

歯科矯正の相談は葛西モア矯正歯科へ

葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科
当医院の最寄り駅は、東京メトロ東西線の「葛西駅」で、徒歩0分。船堀駅からは都営バス「葛西駅行き」、葛西臨海公園駅、舞浜駅からは京成バス「亀有駅行き」「小岩駅行き」にご乗車のうえお越しください。
瑞江駅、篠崎駅をご利用の人は、一之江駅から京成バスで9分とアクセス良好!
江戸川区で”歯科矯正”や”ホワイトニング”など、審美歯科治療をお探しなら「葛西モア矯正歯科」をぜひご検討ください。


<2000症例以上の豊富な経験と高度な技術で、装置の見た目にもこだわる矯正治療を提供>

住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科