ブログ

大人の矯正治療(表側矯正)について

こんにちは、
江戸川区・東京メトロ東西線「葛西駅」から徒歩0分の葛西モア矯正歯科・院長の酒井優真です。

今日は大人の矯正治療の表側矯正について書かせていただきたいと思います。

大人の矯正(Ⅱ期治療・本格矯正など呼び名は色々あります)には大きく分けて、3種類の方法があります。

1.表側矯正(ラビアル矯正)

2.裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)

3.マウスピース矯正(インビザライン)の3種類になります。

 

表側矯正は、皆さんが想像している表側に矯正装置とワイヤーが入るものです。最も歴史のある方法でどんな症例にも適応できる万能な装置といえます。

その反面でどうしても装置が他人に見えてしまうということがあり、見た目を気にされる方には敬遠されてきました。

確かに、ひと昔前は装置(ブラケット)が金属製でワイヤーもメタル色という組み合わせが一般的でした。しかし最近では、審美性の高い様々なタイプの装置が登場し、表側矯正であってもかなり目立ちにくくなっています。

治療中もずっと笑顔でいていただきたいという思いがあり、当院では表側の白い装置と白いワイヤーを標準で使用しています。

また、見えない装置である裏側矯正やマウスピース矯正もご用意していますので、装置の見た目で矯正をあきらめた方もぜひ一度、無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。

次回のブログでは見えない矯正(裏側矯正・マウスピース矯正)についても詳しく書かせていただきたいと思います。


<2000症例以上の豊富な経験と高度な技術で、見た目にもこだわる矯正治療を提供>

院長 酒井 優真

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-37-16
第二カネ長ビル5F
東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科