ブログ

【小児矯正】スポーツをする子どもが歯科矯正を受けても大丈夫?

運動部に所属し、日々の練習に励むお子さんもいらっしゃるでしょう。保護者の方からは、「歯科矯正の装置をつけたままでスポーツをしても安全なの?」「歯科矯正を始めると運動のパフォーマンスが低下するのでは?」といった質問をいただきます。

そこで今回はこのような疑問に答えつつ、スポーツに取り組むお子さんが歯科矯正を受けるときのポイントをご紹介します。

たいていのスポーツは安全に行えるが、「ブラケット」を用いる歯科矯正では注意が必要な競技も

【小児矯正】スポーツをする子どもが歯科矯正を受けても大丈夫?

歯科矯正の装置をつけたままでもたいていのスポーツは安全に行えますが、「ブラケット」を用いた治療を受けているときは、配慮が必要な競技があります。

「ブラケット」はもっともオーソドックスな歯科矯正の装置で、歯の表面に接着剤で貼り付け使用します。「ブラケット」をつけることで口内の粘膜に触れる部分に軽度の凹凸(おうとつ)ができるので、顔面を強打した際に、それらで口の中を切ってしまうことがあるのです。

頭部を強くぶつけるおそれのある「ボクシング」や「空手」、他者と身体が接触する機会の多い「ラグビー」などで、そのリスクが高まります。

おすすめの対策は、歯にかぶせるスポーツ用の「マウスガード」を使用することです。柔らかい材質で装置の凹凸部を覆うので、口の中のケガを防げます。

歯科矯正をするとスポーツの成績はどうなる?

【小児矯正】スポーツをする子どもが歯科矯正を受けても大丈夫?
歯科矯正で歯並びを整えると、噛み合わせが安定することにより運動のパフォーマンスが向上する可能性があります。近年の研究によって、歯を噛みしめると全身の筋力アップにつながることが明らかになってきたのです。

「ボールをバットで打つ」「地面を蹴り加速する」など、グッと力を込める瞬間には、多くのスポーツ選手が反射的に奥歯を噛みしめています。歯科矯正によって奥歯できちんと噛めるようになれば、記録が伸びたり、良いプレーにつながったりするかもしれません。

ただし、矯正装置をつけた直後は違和感や痛みのために、一時的にパフォーマンスが低下する場合もあります。大事な試合に良いコンディションでのぞめるよう、装置をつけるタイミングは歯科医師と相談しましょう。

歯科矯正とスポーツを両立できるよう通院しやすいクリニックを選ぼう

【小児矯正】スポーツをする子どもが歯科矯正を受けても大丈夫?
スポーツに取り組む子どもが歯科矯正を受けるなら、通いやすさに配慮し、診療時間やアクセスの良さを重視してクリニックを選ぶことも大切です。

歯科矯正中には定期的に通院する必要があります。学校の運動部に所属していたり、地域のスポーツクラブに通っていたりすると、練習や試合で忙しく、通院の時間を確保しづらいという声も耳にします。

夕方の遅い時間帯や、土曜・日曜も診察しているクリニックを選ぶことで、スポーツと歯科矯正を両立しやすくなります。また、練習場所の付近や帰り道にあるクリニックなら、練習の後にも立ち寄りやすいでしょう。

すべての子どもにとって、美しく整った歯並びは一生の宝物

子どものうちに歯科矯正を受けておくことで、一生涯の財産である整った歯並びに、いち早く近づけます。

また美しい歯並びを手に入れることは、お子さんの自信にもつながります。自信を持って物事に取り組む姿勢はスポーツのみならず、受験や就職など、人生の大切な場面においても強みとなることでしょう。

歯科矯正は葛西モア矯正歯科へ

葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科

当医院の最寄り駅は、東京メトロ東西線の「葛西駅」で、徒歩0分。船堀駅からは都営バス「葛西駅行き」、葛西臨海公園駅、舞浜駅からは京成バス「亀有駅行き」「小岩駅行き」にご乗車のうえお越しください。

瑞江駅、篠崎駅をご利用の人は、一之江駅から京成バスで9分とアクセス良好!

江戸川区で”歯科矯正”や”ホワイトニング”など、審美歯科治療をお探しなら「葛西モア矯正歯科」をぜひご検討ください。

関連記事

【小児矯正】子どもの歯科矯正で知っておきたい3つのこと
【小児矯正】歯科矯正が必要になる子どもの悪い習慣3つとその直し方


<2000症例以上の豊富な経験と高度な技術で、装置の見た目にもこだわる矯正治療を提供>

住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科