ブログ

歯科矯正後のホワイトニングはいつから可能?

ホワイトニングと歯科矯正の両方を受ける方が増えています。そんな方から多く寄せられるのは「矯正治療が終わった直後にホワイトニングはできますか?」という質問です。
そこで今回はこちらの疑問に答えつつ、歯科矯正をする場合、ホワイトニングはいつ受けるべきかについてご紹介します。

歯科矯正の「後」は、すぐにでもホワイトニングを受けられる

歯科矯正が終了していれば、いつでもホワイトニングができます。

リテーナー装着中もホワイトニングは可能

歯科矯正後のホワイトニングはいつから可能?
歯科矯正後には、移動させた歯が元に戻るのを防ぐため「リテーナー」を使用しますが、この段階でもホワイトニングが受けられます。リテーナーには自分で取りはずせるタイプと歯に接着剤で取り付ける固定式のタイプがありますが、どちらもホワイトニングの施術に影響を与えません。

取りはずせるタイプなら、ホワイトニングを受けるときにリテーナーをはずせば問題ありません。

固定式のタイプでは、リテーナーをつけたままでホワイトニングを受けますが、この場合も支障はありません。ホワイトニングは歯の「表側」に対して行いますが、固定式のリテーナーをつけるのは「歯の裏側」だからです。

歯科矯正と「同時」にホワイトニングを受けることも可能

歯科矯正後のホワイトニングはいつから可能?
1日も早く白い歯を手に入れたいのなら、歯科矯正と同時にホワイトニングを受けるという選択肢もあります。その場合、歯科矯正の装置の選択には注意が必要です。

表側からの矯正中は、ホワイトニングができない

ホワイトニングは、歯の表側に装置がついている状態では施術が受けられません。装置が歯を覆っている部分にはホワイトニングの薬剤が当たらず、元の色のまま残ってしまうからです。

同時にホワイトニングができるのは「裏側矯正」か「マウスピース矯正」

歯の裏側にはホワイトニングを行わないため、「裏側矯正」中にホワイトニングを受けることは問題ありません。また、「マウスピース矯正」は取りはずすことで、ホワイトニングの施術が受けられます。

もちろん、歯科矯正と並行してホワイトニングを行っても、矯正治療の経過に影響を与えることはないのでご安心ください。

歯科矯正の「直前」のホワイトニングは避けた方が良い

ホワイトニングを受けるタイミングでおすすめできないのは、歯科矯正の「直前」です。ホワイトニングで白くなったばかりの歯に矯正装置をつけると、装置が触れている部分とそうでない部分で、歯の色がまだらになる可能性があるからです。歯科矯正後のホワイトニングはいつから可能?

歯を黄ばませる原因の1つに、色の濃い食べ物や飲み物に含まれる着色物質があります。ホワイトニングした歯も日々これらにさらされ続けることで、ゆっくりとですが、再び着色されていきます。

一方、矯正装置のついている部分は食べ物や飲み物に触れないため、ホワイトニング直後の白さが保たれます。その結果、装置をつけている部分とそうでない部分とで、歯の色合いに差が生まれ、装置を取りはずした時に目立ってしまう可能性があるのです。

ホワイトニングと歯科矯正で、ワンランク上の笑顔を手に入れよう

歯科矯正後のホワイトニングはいつから可能?
歯並びを整え歯の色を白くすると、顔全体のイメージがガラリと変わります。歯科矯正とホワイトニングで、自信の持てる口もとを目指しましょう。

なおその際は、両方のメニューがあるクリニックで受診することをおすすめします。どちらも受けたいという旨をあらかじめ歯科医師に伝えておくことで、ベストな治療プランが立てられます。

歯科矯正とホワイトニングは、葛西駅から一番近い矯正歯科・審美歯科「葛西モア矯正歯科」へ

葛西モア矯正歯科診察室
江戸川区にある葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。審美性にもこだわった治療で、バランスの取れた美しい歯並びを目指します。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科
当医院は、東京メトロ東西線の葛西駅から徒歩0分と大変便利な立地です。葛西駅へは、西葛西駅・浦安駅からわずか2分。南行徳駅も12分以内に到着するので、市川市内からの通院にとても便利です。西船橋からも乗り換えなしで15分と通いやすいため、千葉方面からも多くの方にご利用いただいております。
葛西・西葛西周辺で”大人の歯科矯正”と”審美歯科治療”をお探しなら江戸川区にある「葛西モア矯正歯科」へぜひお越しください。


住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科