ブログ

ドクターに聞く歯列矯正|矯正中に「親知らず」が生えてきたら

葛西モア矯正歯科コラム編集部です。

「親知らず」は、20歳前後で生えてくることが多い歯です。大人の歯列矯正を検討している人は「治療中や治療後に親知らずが生えてきたらどうなるの?」と気がかりに思うこともあるでしょう。

今回は、歯列矯正と親知らずの関係について、葛西モア矯正歯科の酒井院長に詳しく伺いました。

歯列矯正中に「親知らず」が生えてきても治療に影響はない

―親知らずが生える人は多いのでしょうか?

親知らずは上下2本ずつ合計4本ありますが、そのすべてが生えてくることはめったにありません。特に「上の親知らずは生えたけれど、下が生えない」ということはよくあり、当院に通院されている患者様で下の親知らずが生えているのは、1~2割の方です。

親知らずが生えてくるのは一般的に10代後半から20代前半ですので、大学生や若手社会人で歯列矯正をスタートした場合、治療中に生えてくる可能性もあります
親知らずのCG写真_葛西モア

―まだ生えていない「親知らず」が歯ぐきの中にあっても、歯列矯正をスタートできますか?

歯列矯正をするにあたって親知らずの存在が問題になることは、まずありません。途中で生えてきたとしても、それが原因で、歯列矯正を中断したりやり直したりする必要はないのでご安心ください。というのも、親知らずは一般的に歯列矯正の対象外だからです。

親知らずは他の歯に比べて生える時期が遅いため、たいていの人は、歯列には親知らずが顔を出すための十分なスペースが残されていません。したがって、親知らずは、歯ぐきの内部に大半が埋まったままで斜めに生える、また、そもそも生えてこない、というケースも多いのです。このような事情で、親知らずは歯列矯正で並べる歯の対象から外されています。ワイヤー矯正でもインビザラインでも、通常、親知らずには装置をつけません。

ただし、本当にまれではありますが、親知らずがきちんと生えている方の場合は、親知らずも歯列矯正で一緒に並べます。

歯列矯正のために「親知らず」を抜歯することは少ない

きれいな歯が印象的_葛西モア

―親知らずは矯正対象の歯でないということですが、矯正のために親知らずを抜歯する必要はありますか?

歯列矯正のために親知らずを積極的に抜く必要はありません。ですが、矯正中に不都合が生じる場合は例外です。

親知らずが手前の歯にかぶさるように生えていて矯正治療に支障をきたす場合や、奥歯すべてを後方に移動させる場合、親知らずが邪魔になるので抜歯することがあります。ただしこれらは、まれなケースです。

―基本的には、歯列矯正のために親知らずを抜かなくていいんですね、安心しました。

歯列矯正の支障にならないなら、もちろん抜歯する必要はありません。ただし、親知らずがお口のトラブルの原因になっている時は、歯列矯正をする・しないにかかわらず、抜歯をおすすめすることもあります。

親知らずは、歯列の一番奥にあるため歯ブラシが届きにくいという特徴があります。そのうえ、斜めに生える、少ししか頭を出していない、となるとさらに歯磨きが難しくなり、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまうのです。

特に気をつけるべきなのは、親知らずが半分くらい歯ぐきに埋まっている方です。親知らずの上の凸凹部分に食べかすがたまりやすく、歯肉炎などを招きやすいのです。
親知らずの汚れスポット_葛西モア

―親知らずを抜くべきケースには、他にどんなものがありますか?

上の親知らずは生えたけれど、下の親知らずが生えてこないというケースですね。伸びてきた上の親知らずとかみ合う下の歯がないため、下の歯ぐきに上の歯が当たってしまい歯ぐきを傷つけてしまうことがあるんです。痛みを感じるようになったら、抜歯を検討するタイミングです。

―矯正治療のために行う抜歯に、保険は適用できますか?

親知らずに限らず、矯正治療のための抜歯にかかる費用は自己負担です。

ただし、その歯がもしもひどい虫歯になっていたら、「虫歯治療のために行う抜歯」という扱いになり、保険が適用できることもあります。また、親知らずが歯ぐきにあたって痛みがある時の抜歯も、保険適用の対象です。

抜歯にかかる費用は、歯の状況や、抜く歯によって変わってきますので、抜歯を依頼する歯科医師に確認した方が良いでしょう。

「親知らず」が原因で、歯並びが悪くなるとは考えにくい

歯磨きをする女性_葛西モア

―親知らずが生えてくることで他の歯を押し、歯並びが悪くなりませんか?

親知らずが歯並びに与える影響についてはいろいろな意見がありますが、私は、親知らずが原因で歯並びが悪くなるとは考えにくいと思っています。

親知らずは他の歯よりサイズが大きいことも多く、横を向いて生えてくることも多いので「他の歯に余計な力がかかり歯並びを悪くしてしまうのでは」と不安に思う方も少なくありません。実際に、患者様からご相談を受けることもあります。

親知らずが他の歯に与える力について考えてみましょう。親知らずが左右に1本ずつあったとして合計2本ですが、一方、親知らずの前には14本の歯があります。いくら親知らずが立派だといっても、2本の歯で14本の歯を押したところで、歯並びを悪くするほどの力はかけられません。可能性がゼロとは言いませんが、親知らずは歯並びを悪くする主原因にはならないのです。
親知らずのレントゲン写真_葛西モア

―ということは、歯列矯正で並べた歯並びが、親知らずが生えてきたことで再度、崩れてしまう、という心配はいらないのですね。

親知らずが生えてきたことが直接の原因となり、矯正をやり直しすることはまずありませんので、ご安心ください。

「親知らず」の抜歯は、かかりつけの歯科医院で

―親知らずは、矯正歯科で抜いてもらえますか?

矯正専門の歯科では、基本的に抜歯は行いません。そのため、かかりつけの一般歯科で抜歯することになります。歯列矯正のために親知らずを抜歯する場合は、必要に応じて紹介状をお渡しします。

―親知らずの抜歯は、普通の歯に比べて大変ですか?

親知らずの抜歯は、正常に生えていれば、普通の歯を抜くのとさほど変わりません。しかし、親知らずがあごの骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、抜歯の処置は大掛かりになり、腫れや痛みが数日間続く方もいます。
歯科治療中の女性_葛西モア

―親知らずを抜歯することのリスクはありますか?

主要なリスクは、唇や頬の感覚神経が麻痺する「下歯槽神経麻痺(かしそうしんけいまひ)」です。

下の親知らずの根っこの近くには、あごの感覚神経が通っているため、親知らずを抜く際にこの神経を傷つけてしまうことがあります。特に、あごの骨の中に埋まっている親知らずでは、このリスクが高くなります。

下歯槽神経麻痺になると、下あご付近の感覚が鈍くなる、ピリピリと痺れるような感じがする、などの症状が出ます。歯科医師によっては、このリスクを小さくするため、親知らずの抜歯を2回に分けて行うこともあります。

―治療にリスクはつきものとはいえ、下歯槽神経麻痺は少し怖く感じます。

まれにではありますが、歯列矯正をしておくことで、親知らずを抜歯する際のリスクの軽減につながることがあります。

歯列矯正では歯を移動させるに先立って、歯列にスペースを作り出すため、抜歯を行うことがあります。このスペースが生まれたことで、それまでは顔を出せず歯ぐきの中に埋まっていた親知らずが、生えて来れるようになる場合があるんです。

そうすると、親知らずの位置も上の方に移動するため、歯の根っこがあごの神経から遠ざかり、抜歯の際に神経を傷つけるリスクが減ります。

―なるほど、歯列にスペースを作ることで、親知らずにとってもメリットとなる場合があるんですね。

そういうことですね。繰り返しになりますが、親知らずを抜かなくともほとんどのケースで問題なく歯列矯正ができますし、治療後に親知らずが生えてきたことで矯正をやり直す必要もありません。安心して、大人の歯列矯正を始めていただければと思います。

葛西・西葛西エリアで大人の歯科矯正・審美歯科なら葛西モア矯正歯科へ

葛西モアカウンセリングルームの照明
江戸川区にある葛西モア矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が診察をいたします。

「日本矯正歯科学会」公認の認定医がいる葛西モア矯正歯科

当医院は、東京メトロ東西線の葛西駅から徒歩0分と大変便利な立地です。葛西駅へは、西葛西駅・浦安駅からわずか2分。南行徳駅も12分以内に到着するので、市川市内からの通院にとても便利です。西船橋からも乗り換えなしで15分と通いやすいため、千葉方面からも多くの方にご利用いただいております。葛西・西葛西周辺で“大人の歯科矯正”と“審美歯科治療”をお探しなら江戸川区にある「葛西モア矯正歯科」へぜひお越しください。

この記事の監修医師

葛西モア矯正歯科 院長 酒井 優真

葛西モア矯正歯科 院長

酒井 優真

Yuma Sakai

  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • インビザライン公式認定ドクター

日本全国の歯科医院で矯正治療に従事。2017年、葛西駅前に「葛西モア矯正歯科」を開院。

歯列矯正への心理的ハードルを下げるべく、「治療中の見た目」や「痛みの少なさ」に配慮した治療に力を入れている。


住所:〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-37-16 第二カネ長ビル5F
アクセス:東京メトロ東西線葛西駅より徒歩0分
電話番号:03-6808-5600

歯並びのことなら葛西モア矯正歯科