不正咬合と治療例

不正咬合の種類と治療

不正咬合(悪い歯並び)にはさまざまな種類があります

下記の不正咬合の種類とご自身の歯並びを比べてみて当てはまるものはありませんか?
歯並びを整えることで、見た目の美しさだけではなく、歯磨きがしやすくなりお口の健康を保つことが容易になります。
また、咬み合わせが改善されることで全身の健康へも繋がります。
歯並びが気になる方、お困りの方は葛西モア矯正歯科まで一度ご相談ください。

乱ぐい歯・叢生・八重歯

顎と歯の大きさのバランスが崩れて歯が凸凹に生えて重なっている状態

ハミガキがしにくく食べカスが残りやすいため、口臭の原因や虫歯・歯肉炎になるリスクが高まっています。また、進行すると歯周病を起こし、歯がグラグラ揺れてくる可能性があります。

Before

After

上顎前突・出っ歯

上の前歯が前方に強く出ている状態

上の前歯の外側への傾斜が強い場合や上顎の成長が強い場合、下顎の成長が弱い場合に起こる症状です。唇が上手く閉じられず口で息をしている場合が多いのでドライマウスになりやすいことも特徴です。

Before

After

下顎前突・受け口・反対咬合

下の前歯が上の前歯よりも前方にある状態

上顎の成長が弱い場合、下顎の成長が強い場合に起こる症状です。
前歯が逆に咬んでいるため発音が上手くできない場合があります。また、横から顔を見たときに顎がしゃくれて見えることがあります。

Before

After

上下顎前突・口元の突出

上下の前歯が前に出ている、口元全体が前に出ている状態

上下の前歯の外側への傾斜が強い場合や、上下の顎の成長が強い場合に起こる症状です。
口元の突出が目立ち、フェイスラインが崩れていることがあります。

Before

After

開咬・オープンバイト

奥歯で咬んだ時に上下の前歯が咬み合わずに隙間ができている状態

舌を突き出す癖がある場合や口呼吸、子どもの時の指しゃぶりが原因で起こる症状です。
前歯で食べ物が咬み切れないので麺類などが食べにくいことがあります。また、発音も上手くできないことが多いです。

Before

After

空隙歯列・すきっ歯・正中離開

歯と歯の間に隙間がある状態

歯そのものの大きさが小さい場合や、顎が歯に対して大きい場合に起こる症状です。
笑った時に歯に隙間があるため見た目が悪く、空気が歯の隙間から漏れてしまうため発音が上手くできないことがあります。

Before

After

過蓋咬合・ディープバイト

咬み合わせが深く、下の歯が上の歯で隠れてしまう状態

何らかの原因で奥歯を喪失し、それを長い間放置していた場合や奥歯の長さが短い場合などに起こる症状です。下の前歯が上顎の内側の歯肉にあたってしまい炎症が起こることがあります。また、下顎を横に上手くスライドさせることができないため顎の関節に負担がかかることがあります。

Before

After

交叉咬合・横ずれ

上下の奥歯が左右にずれて反対に咬み合わさっている状態

顎の左右の成長バランスが崩れている場合や上の奥歯が内側、下の奥歯が外側に傾いて生えている場合に起こる症状です。咬み合わせたときに左右のどちらかに顎の関節へ負荷がかかってしまうため顎の関節に影響が出る場合があります。

歯並びのことでお困りでしたら
葛西モア矯正歯科まで
ご相談ください

お悩みやご希望・条件などをじっくりとお伺いし、
患者さん一人ひとりに合わせた
カウンセリングを行います

20:30まで診療 葛西駅より徒歩0分 提携駐車場有 診療時間 11:00~13:30 15:00~20:30 10:00~13:30/15:00~19:30 休診日:月・木・日(隔週) 20:30まで診療 葛西駅より徒歩0分 提携駐車場有 診療時間 11:00~13:30 15:00~20:30 10:00~13:30/15:00~19:30 休診日:月・木・日(隔週)
  • 03-6808-5600
  • WEB予約フォーム