子どもの矯正

子どもの矯正をはじめるタイミングとは

一般的には前歯4本と第一大臼歯(6歳臼歯)が生えそろった頃が目安とされています。
学年で言えば小学校2年生ぐらいの時期になります。

矯正治療は、専門性が高く理解が難しい部分が多々あります。お子さんの矯正治療をするにあたっては、親御さんにとっては、自分のこと以上に気になるところだと思います。
どんな装置を使うのか?痛みはどれくらい?歯磨きはできるか?治療期間がどれくらいかかるか?心配なことだらけです。当院では、最初から丁寧にご説明すること、それを親子一緒に聞いていただくことを心がけています。親御さんに治療意義を十分に理解していただくのはもちろんですが、お子さんにも装置を使う目的などを理解してもらい、治療に対するモチベーションの向上に努めております。また、実際にはお子さんによって成長のスピードが違うため、最適なタイミングも一人ひとり設定されます。お子さんができるだけ最適な時期に最適な治療を受けて頂けるよう、気になった時点でぜひ一度ご相談ください。

一般的には前歯4本と第一大臼歯(6歳臼歯)が生えそろった頃が目安とされています。学年で言えば小学校2年生ぐらいの時期になります。
しかし、実際にはお子さんによって成長のスピードが違うため、最適なタイミングも一人ひとり設定されます。お子さんができるだけ最適な時期に最適な治療を受けて頂けるよう、気になった時点でぜひ一度ご相談ください。

子どもから矯正をはじめるメリット

  • 顎のバランスが整い、美しい顔立ちに

    成長を利用して上下の顎のバランスを整えることで、美しい顔立ちへと導きます。
    顎の成長を利用して行う矯正は、
    子どもの時代にしかできない大きなメリットです。
    また、将来的に外科的手術をしなければ治らないケースを回避できることもあります。

  • 大人の矯正に進んだ時に抜歯をしなくてすむ

    歯が正しく生えるスペースがない場合は、永久歯の抜歯も検討せざるを得ません。
    しかし、早期に治療をはじめることで奥歯を移動させたり、
    顎の成長を促して広げたりすることでき、本格的に矯正治療をする時に、
    歯を抜かずにすむ可能性が高まります。

  • お口周りの筋肉や舌を正しく使えるようになる

    指しゃぶりや舌の癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に
    大きく影響を及ぼします。
    また、普段お口をだらしなくあけている癖を引き起こしてしまいます。
    間違った舌の使い方がクセになってしまうと、大人になってから治すのは大変です。
    早期に癖を改善するとともに、お口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして
    正しい筋肉の動きの習得を目指します。

  • 大人の矯正が短期間ですむ

    顎の成長をコントロールしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより
    永久歯列になってから行うワイヤーの矯正が簡単で期間が短くなります。
    さらに、ワイヤーの矯正が必要なくなる場合があります。

  • 顎のバランスが整い、美しい顔立ちに

    成長を利用して上下の顎のバランスを整えることで、美しい顔立ちへと導きます。
    顎の成長を利用して行う矯正は、子どもの時代にしかできない大きなメリットです。
    また、将来的に外科的手術をしなければ治らないケースを回避できることがあります。

  • 大人の矯正に進んだ時に抜歯をしなくてすむ

    歯が正しく生えるスペースがない場合は、永久歯の抜歯も検討せざるを得ません。しかし早期に治療をはじめれば、奥歯を移動させたり、顎の成長を促して広げたりすることでスペースを確保できるのです。本格的に矯正治療をする時に、歯を抜かずにすむ可能性が高まります。

  • お口周りの筋肉や舌を正しく使えるようになる

    指しゃぶりや舌の癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。また、普段お口をだらしなくあけている癖を引き起こしてしまいます。間違った舌の使い方がクセになってしまうと、大人になってから治すのは大変です。早期に癖を改善するとともに、お口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

  • 大人の矯正が短期間ですむ

    顎の成長をコントロールしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより永久歯列になってから行うワイヤーの矯正が簡単で期間が短くなります。さらに、ワイヤーの矯正が必要なくなる場合があります。

お子さんのクセを見抜く

当院は、初回のカウンセリングを無料で行っています。
そのカウンセリング中に実施していることのひとつが、お子さんの歯並びに良くないクセを見抜くことです。

大人でも子どもでも、クセがでるのは無意識の時です。親御さんとお話をしながらお子さんのご様子をさりげなく伺うことで、歯並びに影響するクセがないかをチェックしています。親御さんですら気づかなかったクセを見つけ、驚かれることもよくあります。

お子さんは、自分で自分の歯の状況を訴えることができないので、親御さんが日頃から注意を払ってお子さんの様子を見てあげることも大切です。次のようなクセが日頃からあるお子さんは、矯正治療が必要な場合が多いので、ぜひご参考ください。

頬杖をずっとついている
口がいつも開いている(口呼吸)
指をしゃぶる
爪をかむ
舌をかむ
すきっ歯に舌を入れる
くちびるをかむ

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

子どもの矯正治療の流れ

治療の流れの図挿入 確認中

子どもの矯正装置

お子さんの矯正装置には、取り外しできる可撤式タイプと取り外しできない固定式タイプの2種類があります。当院では、なるべく取り外しができる装置を使用することで、お子さんの虫歯になるリスクをなるべく下げることに力を入れています。
固定式の装置がついている状態での歯磨きは大人でも難しく、お子さんにとってはより難しいものになります。矯正治療をして歯がダメになってしまっては、元も子もありません。虫歯のリスクを下げられるようにご提案し、自宅での歯磨きのアドバイスなどもさせていただいております。

歯並びのことでお困りでしたら
葛西モア矯正歯科まで
ご相談ください

お悩みやご希望・条件などをじっくりとお伺いし、
患者さん一人ひとりに合わせた
カウンセリングを行います

20:30まで診療 葛西駅より徒歩0分 提携駐車場有 診療時間 11:00~13:30 15:00~20:30 10:00~13:30/15:00~19:30 休診日:月・木・日(隔週) 20:30まで診療 葛西駅より徒歩0分 提携駐車場有 診療時間 11:00~13:30 15:00~20:30 10:00~13:30/15:00~19:30 休診日:月・木・日(隔週)
  • 03-6808-5600
  • WEB予約フォーム